マル役(僕やり)の俳優は誰?おかっぱ頭の葉山は原作に似てる!?



はい。
先週あたりから東京に勉強会なんかに出席していてなかなか忙しかったんですがやっと明日仕事にいったら休み。

 

休みと言えば!

 

やっぱり夏なので大好きな彼女とちょと映画デートでもしながら、帰りに美味しいものを食べてまぁ自宅で・・・

 

ってな展開。

 

なんて全くあるはずもなく唯一の楽しみと言えば、スタバで店員のおねーさんと楽しくおしゃべりすることくらい。

 

自分の作業場は近所のスタバなんですがそのスタバ。

 

やたらと接客がいいんですよね。

 

そして美人が多い。

 

ってなわけで普通ならば一杯で済ませたいところ店員さんとお話したくて二杯、三杯と頼んでしまいましたね。

 

あとは単純にめちゃくちゃ接客がいいので接客の勉強になります。

 

そんな最高の接客を受けつつも僕が書いているのはただのドラマの記事。

 

 

そう。

 

ドラマ好きなおっさんなんです。

 

そんなドラマ好きなおっさんは次期のドラマで気になっている奴があるんですわ。

 

窪田正孝主演の『僕たちがやりました』

 

今回はそれに登場するマル役について調べてみました。

スポンサーリンク

僕やりマル役のおかっぱは誰?



事件を起こしてしまう、主人公の友人たちなんですが全員割とぶっとんでいますね。
その中でもこのマルってキャラクターはかなり性格がわるそう。

 

というか卑怯者な感じ!

 

原作ではそうでした。

 

そんな彼を演じるのは葉山奨之って方!



どん。

 

こんな感じなんですが。

 

あれ?

 

結構イケメンじゃないでうすか?

 

マルと言えば。

 



原作ではこんな感じだったのに随分イケメンを起用したもんですね。

 

ドラマにちょいちょい起用されているみたいなので現在売り出し中なんでしょう!

マルは性格が悪い!?

凡下(ぼけ)高校に通うトビオは「そこそこ楽しい」日常を満喫していました。

 

トビオは同級生の伊佐美とマルとつるみ、親が超金持ちで卒業してもニートをしてる「パイセン」とゆるい日々を送っていました。

 

ある日マルはヤバ高の陰口を言っているのを見つかってぼこられるんですわ!

 

トビオは矢波高校に復讐しようと提案、マルは感激して伊佐美とパイセンも乗っかり事件に彼らのみたいがぶち壊れていきます。

 

 

途中でマルはいろいろ裏切りまくるのでそこも楽しみなんですわ。

 

 

そんなクズのマルを演じてくれるこの人が気になりますわ!

 

 

葉山奨之のプロフィールをチェック!



こうしてみるとイケメンなのかなんなのかわかりませんが。

生年月日:1995年12月19日

身長:177cm

血液型:O型

なんとクローズゼロに出演していた小栗旬に憧れて芸能人をめざしたみたい。

 

そんで2011年ドラマ『鈴木先生』でドラマデビューを果たしています。

 

え?

 

『鈴木先生』に出演していたって?

 

こんな人出演していたっけ?



こいつか?

 

こいつだったのか?

 

とかいって全然記憶にございませんわ!

 

言われてみればレベルですね。

 

主演なども飾っているようですわ。

出演は結構有名な作品に出演しているみたいで、鈴木先生をはじめGTOや八重の桜なんかにも出演している。

 

こういうのって事務所が売り出しているから有名になるのか?

 

実力があるからどんどんドラマに出演できるようになって行くのかなかなかわからないですよね。

 

2017年春から始まっているドラマではフランケンシュタインの恋にも出演していたんですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です