三原舞依の病気は難病で完治?コーチや実家の両親もチェック!

北海道もまだ10月だというのにめっちゃ寒くなってきてしまった。北海道なので寒いのはしかたないのですがそれにしても寒すぎやしませんか?

 

先日なんでまだ10月だというのにめっちゃ寒いですね。

 

寒いというか雪降るレベルですからね。10月で!もはや正気の沙汰じゃないですわ!

 

 

 

まぁ雪が降っても僕はウィンタースポーツをやるので全然かまわないんですけれども、雪とかって本当に無駄ですよね。

 

まぁ、冬メインで働いている人くらいですかね?潤うのは。。

 

 

そんなウィンタースポーツの一つ?であるフィギュアスケートなんですけれども気になる新星が現れましたね。

2015_grand_prix_of_figure_skating_final_mai_mihara_img_7134

 

三原舞依(みはらまい)ちゃんって選手。

 

フィギュアの世界って僕は詳しくはわからないんですけれども。ってか浅田真央ちゃんとか本田真凛ちゃんくらいしか知らない程度のミーハーなので。

 

 

でも新星でドンと出てくるとやはり気になってしまいますよね。

 

 

そしてなんと去年まで病気を患っていたような話も!

 

気になります!もち調べましたよ!

スポンサーリンク

三原舞依(みはらまい)のプロフィールをチェック!フィギュアの演技に圧巻!

377d30f7

生年月日:1999年8月22日

出身;兵庫県

身長:150cm

所属:神戸ポートアイランドFSC

高校:県立芦屋高校

 

こんな感じのプロフィールでまだあどけなさ残る高校生なんですが、フィギュアグランプリシリーズに出場して世間を騒がせていますね。

 

ってのも10月23日に行われたんですが、その時になんとショートプログラムで2位の成績。

 

 

しかも、浅田真央ちゃんとかが出場してる中でその順位。浅田真央ちゃんはショートの時点で5位でした。

 

そんなグランプリシリーズ初出場の三原舞依ちゃんはなんでスケートをはじめたんでしょうね?

 

三原舞依がスケートを始めたきっかけって?コーチや振付は?

三原舞依選手がスケートを始めたのはどうやら小学2年生のころみたいですね。テレビで浅田真央選手にあこがれたのがきっかけ。

 

その後スケートリンクに連れて行ってもらったのを機にスケートを始めたようです。

 

高校は兵庫県の芦屋高校ってところで偏差値は56くらいのめっちゃ普通の高校ですね。

 

 

練習時間は多い日で3~4時間くらいしているってことでほぼ毎日練習でもはや部活見たいな感じでやっているみたい。

 

ちなみに三原舞依選手を教えているコーチは中野園子先生とグレアム充子先生という方のようです。

2016y10m23d_072905371

ちなみに画像は中のコーチです。となりにいるのは坂本花織選手。

 

 

現在では高校に進学している三原選手ですが、高校進学の時も中野先生に相談したみたいですよ!

 

振付師はSPがマッシモ・スカリ。

 

 

FSがマリーナズエワ、川越正大、大田由希奈という方々。

 

 

ちなみに坂本花織選手も注目です。

 

三原選手とコーチが同じってこともあるんですけれども、坂本選手とめっちゃ仲がいいらしいですよ!合宿中でも二人でいることが多いとか!?

 

スポンサーリンク


難病にかかっていたって本当!?病名は?

miharamai

GPシリーズでデビューを17歳で飾った三原選手なんですけれども、昨年12月のGPファイナルに出場。

 

その頃から両膝の激しい痛み感じるようになり「若年性特発性関節炎」と診断されたようなんです。

 

全身の関節が痛む原因不明の関節炎で、その後4カ月間氷上で練習できない日々が続いたようですね。

 

でもそれを乗り越えショートではよい成績を残したようですし、18年のピョンヤン五輪が期待できる新星となりましたね。

 


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ポケモンGOまとめ

このページの先頭へ