VXガスの威力や致死量は?治療方法や解毒方法はあるか調べてみた!



先週、無事ダンスイベントが終了したんですけすけれどもなんと衝撃的なことにイベントに遊びに来てくれた人がインフルエンザに感染。

 

さらにイベントフタッフにも感染が拡大。

 

軽くバイオテロ。

 

 

その時にうちに宿泊していた後輩は大丈夫だったみたいなんですが、その後輩が容赦なくうちで『放屁』していくんですね。

 

 

マジ勘弁してほしい。

 

 

と思いましたが、翌日気持ちよくMCをやってもらいたいので文句は言わず。

 

 

そんな殺人級の放屁を超えるVXガスってやつが今話題です。

 

 

どうやら、ジョンナムに使用されたって噂なんですね。

 

 

このVXガスの威力とは?

スポンサーリンク

VXガスの威力がヤバイと評判!



気になるのはこのVXガス

 

なんじゃーVXガスって?

 

 

って思う人が多数かもしれないですね。

 

 

このVXガスってのは

ブイエックス・ガス、VXO-エチル-S-(2-ジイソプロピルアミノエチル)メチルホスホノチオラート

 

とか呼ばれているもの。

 

やべーちょっとこれ薬学的な感じがしてきたよ。

 

これは猛毒の神経毒って言われていて、サリンなどと同様に

 

コリンエステラーゼ阻害作用

 

を持ち人類が作った化学物質で最も毒性が強いと言われているんです。

 

 

致死量は?威力がヤバイ!

ちなみにこの猛毒と呼ばれているガスの致死量は

 

大気中濃度 0.1 mg・min/m3

 

は?

 

どんだけやん?

 

めっっっちゃ少ないやんけ?

 

 

タウリン1000mg配合とかうレベルより少ないやんけ?

 

 

タウリン1000mgってどんだけ少ないタウリンでドヤ!
ってやってんのかと!

 

 

それより少ない可能性が出てきたわ。

 

ちなみにこのVXガスなんですが、1950年頃にイギリスで合成された成分で、揮発性が低いため残留性が高く、サリンなどより化学的に安定しているんですって!

 

 

とうことはなかなか分解されにくいってこと。

 

なんと温帯の気候ならば散布から1週間程度効果が残留するんです。

 

呼吸での吸収かと思いきや、皮膚からも吸収されてしまうので、ガスマスクだけでは身を守ることができないんですね。

 

親油性も高くて、まぁこれは水より油がわと思ってくれればいいんですけども。
油分に近いので水で溶けにくい。すなわち水で洗い流れにくいんです。

 

これは触れただけで危険なんです。

 

ちなみに結構古い動画があってVXガスをヤギに対して使用している実験があったんです。

 

地上で炸裂させてヤギに浴びせるってやつですね。

 

ヤギにぶちまけられたVXガスは空気に乗って一瞬でヤギから離れていきます。

 

 

そこまでヤギは吸い込んでいないようにも思われましたが、数十秒後にはヤギに異変が起こって、

 

 

動きがよたよたしてきます。

 

最終的には痙攣と共に地面に倒れて息絶えてしまいます。

 

 

さて、こんな猛毒兵器解毒剤はあるのか?

スポンサーリンク


治療法や解毒剤はある?

この猛毒神経ガスのVXガス。

 

一応治療薬らしきものはあるんですが

プラシドキシムヨウ化メチル
アトロピン

が解毒作用があるんですが

 

使用後数十分でヤギが息絶えてしまうくらいの破壊力なので解毒している暇はないんでしょう!

 

とつっこみたい。

 

この兵器が使用されたってことが本当ならばやばくない?

 


だって事件は国際空港での話です。

こんな兵器が空港にもちこまれて使用されたってのが事実なら、

 

マレーシアの空港もそうですし、日本でも起こりうるって話になっちゃいますもんね。

 

 

でも逆にこのVXガスを持ち込み段階で防ぐってのもなかなか難しいですよね。

 

 

別に空港に探知機があるわけじゃないですしね。

 

ってか使用した女スパイの人たちも大丈夫なんでしょうか?
て思っちゃう。

 

やっぱ北朝鮮に洗脳されているから自分がどうなろうと関係ない?て感じなのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です