ぼくのりりっくのぼうよみの本名や大学などwiki情報は?名前の由来やラップのきっかけも!

2015年末、CDアルバム『hollowworld』をリリースした新人アーティストが今話題とななっている。

その人気急上昇の彼の名前は『ぼくのりりっくのぼうよみ』というアーティストだ。このラッパーの歌声や言語力は音楽関係者や音楽好きの中では大絶賛されている。

スポンサーリンク

時代をうごかす10年に一度の逸材とも評される彼の曲をまず聞いてほしい。



 

僕は音楽にもそんなに詳しくはないですし、評論家でもない。
けれど彼の歌や歌詞は耳を突き抜けて脳のなかに『スンッ』と入っていく感じだ。

 

初めて「Def Tech」を聞いた時のそれに近い感じがする。

「Def Tech」が超有名になったのも10年位前。そしてまた新しい才能が生まれた。

 

ぼくのりりっくのぼうよみプロフィール

本名:未公開

ぼくのりりっくのぼうよみ
年齢:17歳(高校生)
ジャンル:ラップ

 

ラップといってもあの黒くてわるーい感じのイメージではなく実に聞きやすい。
そしてこの歌を作り歌うのが17歳の高校生というのだから驚きだ。

あなたは高校生のとき何をしていた?

 

ちなみに僕は部室で麻雀に明け暮れ、先生に見つかってはトイレ掃除をさせられた記憶しかない。

 

そして彼は17歳なので大学を受験するということだ。

 



 

こんな普通のツイートもしていますし、天才的ラップ以外はごくごく普通の高校生なのかもしれない。

 

最近はキングダムって漫画にはまっている。

 

 

なぜ有名になったの?


「ぼくのりりっくのぼうよみ」、「紫外線」の名前で動画サイトに投稿を開始。

高校 2 年生だった2014 年、10 代向けでは日本最大級のオーディションである「閃光ライオット」に応募、ファイナリストに選ばれた。

 

主催はTOKYO FM の人気番組「SCHOOL OF LOCK!」で出場者は全員10代。 優勝者には100万円の賞金が与えらるという夏フェスだ。

 

また、あのSEKAI NO OWARIの深瀬さんも注目している。    

 

これはオーディションの時の画像。 ぼくのりりっくのぼうよみ   彼がラップを始めたのは  

「バンド組みたかったけど友達が居なくて1人で音楽をすることになった」


  と冗談まじりに話し、名前の由来は    

「ぼくのりりっくのぼうよみ」と言う名前の由来は、 ラップを初めた頃に慣れていなくて、棒読みで歌っているみたいだったから。 バンド組んでいなくたって、1人でだってこんなにカッコいい音楽が出来るのは、 ぼくのりりっくのぼうよみだからこそなんだと思う。


なんかもうセリフがいちいちかっこよく聞こえるのは気のせいか?

 

ちなみにきちんと友人が応援に来てくれていたみたいだからきちんと友達はいるようだし、もう棒読みなんて誰にも言わせない歌声だ。

 

動画も再生回数は数十万回を超えているので、来年の今頃には超有名歌手になっているだろう。


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ポケモンGOまとめ

このページの先頭へ