いつ恋で日向木穂子(ひなたきほこ)は誰?いつ恋第一話のあらすじや感想!

日向木穂子

 

最近でドラマやドコモのCMでも引っ張りだこのこの子。
もう知らない人はいないだろう。
今回はどんな役に挑むのか?
いつ恋のあらすじも一緒にどうぞ。

 

スポンサーリンク


もう知っているだろう?
この子は高畑充希だ。

→ 高畑充希のファッションがかわいい

 

今回は『いつ恋』では日向木穂子役での出演。
ちなみに冒頭から主人公の彼女役で出演している。

一緒に寝ていてちょっとセクシーなのが印象的だ。

 

高畑充希はインタビューではこう語っている。

私の演じる木穂ちゃんは、心の中がこんがらがっていて、脆くて、可哀想なひとです。キャラクターの魅力に置いていかれないように頑張ります!

 

のっけからセクシーな感じで登場だ。

 

しかし、回を重ねるごとに彼女の悲しい部分が出てくる。

 

日向木穂子には練以外に好きな人がいて、その好きな人には別の好きな人がいる。

 

その寂しさを埋めるために練と一緒にいる。

 

日向木穂子はペンを買った瞬間にそのペンが書けなくなることを考えてしまう人。

 

いつか笑うことをあきらめ、すべてを偽って生きていた。

 

でも練と会うときは笑うことができた。

 

彼女はいつの日か練と恋人になりたいと思うようになった。

 

なんか切ない感じの彼女ですが、全体的に切ない感じのドラマだ。

 

その中で日向木穂子(ひなたきほこ)がめちゃくちゃ魅力を感じる。

770e0_211_8da96d22_ae6471db

 

 

 

いつ恋第一話のあらすじは?

東京で生きる若者たちのリアルな今と切ない恋愛を描くドラマである。

主人公の曽田練はヒロインの林音に落としものを届けるというきっかけで出会う。

練は引っ越しやとして音はクリーニング屋として働いている。
どちらも裕福ではない。

というのも音と練はともに両親を失っており、音は困窮する養父母に20歳年上の資産家との結婚を強いている。

本当は好きじゃない人と結婚はしたくないという思いだ。

 

一方、練はだまし取られた祖父の土地を取り戻すために必死に働いている。

 

第一話では強制的に結婚させられそうになる音がそれを断り、養父母を怒らせてしまう。

同時に養母の体調が悪くなり病院に運ばれる。

 

家に帰りづらくなった音は練とファミレスに行くことで距離が縮まる。

 

そこでは過去の恋愛の話などもしたりする。

 

練『また、好きな人みつかりますよ。やっぱり好きな人と。。。』

 

純粋な練は音の結婚には反対だ。

 

しかし、音は病院で結婚する意志を固めたらしい。

 

音が家に帰ると今度は養父に別の人を紹介される。

 

 

養父に親の遺灰を捨てられる音。

 

養母は絶望する音に

 

『逃げなさい』

 

音に言い放つ。

 

雨の中逃げる音。

そこで運転する練に出会う。

 

車で母からの手紙を読む音。

『...どうか幸せに。母より』

 

手嶌葵の曲がまた良い。

 

朝になり

音は『すぐ戻るから』

 

と別れたが二度と練と会うことはなかった。

 

それから一年。

 

次回に続く。

 

感想としてはまだ一話なので感動して泣きそうなほど感情移入はできない。しかし次回も見ようとは思うくらいの印象は残ったので次回も期待していいかなとは思う。

 

というかキャストがよいのでね。

 

 

 

 


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ポケモンGOまとめ

このページの先頭へ