SF動画2045がすごい!作者は中学生?名前や年齢と次回作も気になる!

2045

 

今や中学生でもPCをいじるのなんて当たり前。

電車ではスマホをいじる小学生や中学生多数。もうよく見る光景となってしまいましたね。
10年前には考えられなかったようなハイテクな現代でスーパー中学生が現れてしまいました。

スポンサーリンク

どうやらスーパー中学生が現れたらしいですよ

スーパー中学生が動画を作り出してその動画が話題を呼んでいます。

タイトルは『2045』。自主研究という名のもとに造られた自主制作映画だそうです。3DCGを駆使しクオリティーもハンパないし本当に中学生が作ったとは思えないような作品なんです。

映画の内容

2045年、技術的特異点を迎えた世界。地球上のあらゆるものがナノサイズのロボット­によって作られていたが、ある日何者かがナノロボットを乗っ取り、世界を崩壊させてし­まった。

2016y03m01d_211436513

 

最初はこれからはじまりますね。

2016y03m01d_210150094

 

西暦2045年。世界のすべての物質がナノサイズのロボットによって造られていた。

2016y03m01d_211607233

自由自在に形やいろを変えられるので、一般児が生活必需品としていた。

街の建物は政府に管理されていたがあるひハッキングをされてしまう。

2016y03m01d_211729572

 

 

暴走する街のナノロボット。

世界は破滅へと導かれる。

2016y03m01d_211747390

2016y03m01d_212738835

崩壊していく日常。

2016y03m01d_211854160

2016y03m01d_212900606

最後はメッセージ性の高い文章。

 

3DCG映画『2045』を作ったんは中学生?

そう。本当なんです。

これを作成したのは『38912DIGITAL』さん。

映像の興味を持ったのは小学生1年生のとき。小学3年生から動画作成をはじめこの動画は中学2年生後半から3年生の前半。制作期間は約1年です。

高校受験が終わりWEB公開を決めたらしいですね。

 

作成にはAdobe Creative Suite6 と Blenferとうソフトを使用したらしいですね。

 

これ本当に一人で作っているの?と思うかもしれませんが。

2016y03m01d_211948480

ほぼすべて『38912DIGITAL』の名前。

 

ほんっとうにすげえ!

 

気になる次回作ですが、学校なども忙しくなるので公表できる作品が作れるかはわからないが、映像制作は続けるとのことです。

 

数年後にはCG映画のコンテストで

天才高校生現る!

とかでちゃうかもしれませんね!

最後に動画をどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です