ポケモンGOにトレード機能が!?やり方と導入時期が気になる!

十数年前から登場しているゲーム、『ポケモン』。

 

現在ではポケモンGO旋風が巻き起こっていますが、『ポケモン』で何か忘れていません?

 

 

 

そうなんです!

『ポケモン』と言えばトレードもゲームの醍醐味ですよね。

 

そんな『トレード機能』がポケモンGOで導入されるなんてめっちゃ面白そうな話が持ち上がっているんです!しかも噂レベルじゃなくて結構ガチな話なようなんですよ!

スポンサーリンク

トレードできるって本当?

『なんやどこぞのよくわからん小僧の書いているブログが適当なこといってんじゃねーよ』

って思う人もいるかもしれませんね。

 

いや、はい。みなさまのおっしゃる通りかもしれません。

 

でもコレが本当らしいんですよね。

 

このポケモンGOを配信してる会社って、アプリの起動画面を見てもらえればわかると思うんですけれども、Niantecって会社なんです。

132ade2807ebbbf938085c22af32fea0

これです。NIANTEC。

 

その会社のCEOのジョン・ハンケ氏という方なんですけれどもそのジョン・ハンケ氏が7月24日、アメリカ・サンディエゴで開催中のコミコン・インターナショナルゲーム(SDCC)で、開発を進めていると明かしたようなんですね。

 

CEOが言っているんならこれはかなり期待できるんじゃない?

 

ってか開発を進めているなら、ほぼ現実的なんじゃないか?って思いますよね。

ハンケ氏は、「私たちはまずは優先するべきサービス向上と運営のために、とてもハードに働いている」とコメント。トレーディング機能は「いつリリースできるかは、まだ伝えられない」としたものの、「製品に追加すべく、進めている」

ってこと。

 

つまり、ポケモンGOの人気が一瞬にして衰退しそうだけど、衰退するまえに何とか追加機能いれてもう人爆発しちゃいますよ!

 

そのために労働基準法無視するレベルの勢いで働いていますよ!

 

ってことなんです。

残念ながら現在では導入時期は明かせないということです。


やり方でトラブルもありそう!

まぁ気になるやり方なんですが、現在では公開されていないので何ともいえないんですがおそらくトレードしたいもの同士で通信してって感じ。

おそらくお互い近距離でしか認識できないとか。もしくはアカウント名でお互いに通信しあうみたいな感じかもしれないですね。

 

そして考えられるのはポケモンの売買が問題になりそう!当人同士のやり取りなので実際規制するのは難しいでしょうし。発見することも容易ではないでしょう。

 

現在でも海外ではオークションなどでアカウントが高額で売買されたりしています。日本では規制されていますが、知らないところで売買されているかもしれないですね。

 


 

悪いことばかりじゃない?

トレードするってことは、人と人が繋がれるってこと。

 

ということはもしかしたらクラスの気になるあの子と

 

『ねーねーポケ子ちゃんトレードしようよ~』

 

って普段話せないあの子に声をかけることができるかもしれないですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です