荒井広宙(ひろおき)は自衛隊学校!?母親や高校など経歴を調査!

3

どうやらリオオリンピックでメダル獲得した選手がいるようですね。正直メジャーな競技じゃなくって今回のメダリストは『競歩』なんですね。

 

普通に生活していて全然馴染みのない競技なんですけれどもこの競歩でメダルをゲットした荒井広宙(あらいひろおき)選手ってどんな人なんでしょうね?

スポンサーリンク

荒井広宙(あらいひろおき)のプロフィールをチェック!

2016041700018_1

名前:荒井広宙(あらいひろおき)

生年月日:1988年5月18日(28歳)

出身地:長野県

競技:20キロ競歩、50キロ競歩

身長:180センチ

体重:62キロ

所属:自衛隊体育学校

 

正直『競歩』って競技に興味持っている人って何人ぐらいいるでしょうね。

 

そんな僕も漏れなく、競歩には興味ありませんでした!

 

すみません!

 

でも競歩界ではメダルは有力視されていたようなんですね。

 

そんな荒井広宙が評判通りにリオオリンピックで銅メダルをゲットしたようなんですね!すげー!

 

競歩を始めたきっかけは?

競歩ってマイナーな競技始めたきっかけがめっちゃきになるんですが、どうやら高校の中野実業高校の時だそうです。

 

この高校は結構スポーツで有名みたい!

高校を卒業後は、福井工業大学へ進学します。

大学3年の時、日本選手権6位入賞。

 

でもやっぱり競歩だけで食べていくのは難しいんですかね。ホテルで勤務しながらトレーニングを重ねていたようです。

 

そん中でも2011年に競歩の世界選手権出場の切符を勝ち取っているんです!

 

ロンドン五輪では出場できなかったんですが、トレーニングを続けて、自衛隊体育学校へ入学しました!

 

自衛隊学校はオリンピックなどの国際大会に出場する選手としての自衛官を育成する目的を持つ学校なのでここに所属している選手もちょこちょこいるんですよ!

 

 

 

荒井広宙選手が出場していたのは男子50kmの競歩なんですが、オリンピックでメダル取れそうって言われていたのはなんと世界選手権で4位をとっていたのでメダルは圏内だったみたいです。

 

競歩の競技は2キロの周回コースを25周あるくってコースなんですが、開始直後からトップ集団に入っていてよいペースだったみたい!

 

45キロ付近でも3位に立ちそのままゴールし銅メダルをゲットしたんです!

 

てか2キロのコースを25周って!これは飽きちゃいそうですね!

 

ちなみにこのリオ五輪では

 

一位は世界選手権優勝のマテイ・トート(33)でスロバキアの選手!

二位はロンドン五輪金メダリストのジャレド・タレント(31)っていうオーストラリアの選手!

 

今回は3位となった荒井選手なんですが、実は日本人が競歩でメダルを獲得するのは初めて見たいなのでこれは明日の朝には注目されそうですね!

 

荒井選手の他に出場していた日本の選手は谷井孝行(33=自衛隊)が3時間51分00秒で14位、森岡紘一朗(31=富士通)は3時間58分59秒で27位と残念な結果になりました!

 

谷井選手は2015年の世界選手権で3位になっていたのでメダルを期待されていたんですがね~!

 

陸上競技の短距離は前評判通りに順位でますけれど長距離になると結構順位ぶれたりしますよね。

 

ながい時間戦うので精神状態なども影響してくるんでしょうね。

スポンサーリンク


母親など両親や結婚の話は?

荒井広宙選手なんですが、

 

実は、荒井選手は、2015年11月に癌でお母さんを亡くされましたようなんですね。今回のリオで見事メダルを取ることができたので天国のお母さんにもいい報告ができましたね。

 

結婚あや彼女の情報はないようですね。


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ポケモンGOまとめ

このページの先頭へ