濱田真由(テコンドー)の父親と兄弟を調査!股下からの蹴りがすごい!

150519_4_1

リオ五輪で水泳やら体操が注目されがちですが、今注目しているのが濱田真由選手なんですわ!

 

濱田真由選手はテコンドーの選手なんですよね。テコンドーって言ったら他の競技に比べたらちょっとマイナーかもしれないですけれど、リオ五輪でのメダルが期待できちゃう選手の一人なので注目なんですわ!

スポンサーリンク

濱田真由選手のプロフィールをチェック!父や兄弟が!?

images

名前:濱田真由(はまだまゆ)

生年月日:1994年1月31日

出身:佐賀県佐賀市

身長:174cm

体重:56kg

所属:ミキハウス

高校:佐賀県立高志館高校

大学:徳山大学

 

テコンドーの選手ってリオ五輪では何人くらい出場しているんでしょ?まずその辺からわからないですよね。

 

実はテコンドーは57kg級での濱田真由選手一人だけなんですね。

 

テコンドーを始めたきっかけは?

テコンドーって普通に生活していたら、あまり馴染みない格闘技ですよね。柔道とか空手をやっている人は今までで知り合いにいましたかれど、テコンドーをやっている人はいまだかつて聞いたことないですね。

 

どんなきっかけでテコンドーを始めたんでしょうね。

 

実は、濱田真由選手には兄がいてその影響で小学校1年生の時からテコンドーを始めているんですね。

 

そして実力も申し分ないんです。

 

佐賀県立高志館高等学校在学中の2010年3月に世界ジュニア選手権で銅メダルを獲得しているんですね。

 

2011年には全日本テコンドー選手権大会初出場初優勝を飾っています。

 

 

もうこの辺から将来有望って感じ!

 

濱田真由選手はなんとロンドン五輪にも出場しているんですが、なんとそのロンドン五輪の時も自ら出場枠を獲得して出場まで果たしているんですね。

 

オリンピックって出場枠を獲得した本人が必ずしも出場できるとは限らないのでちょっと残酷って感じますわ!

 

順調に結果をのこしている濱田真由選手ですが、2013年には世界テコンドー選手権大会で銀メダル。

 

2015年日本人初の金メダルを獲得しているんですね。

 

この結果から行けば普通にやれればメダルは堅いって言われているんですが、そこは五輪なので普段の力が出せずに散っていく人達も少なからずいます。

 

がしかし、

 

五輪は2回目の出場ってことでここはやってくれるでしょう!

 

スポンサーリンク


股下が長い!羨ましい!

url

この画像見てもらえればわかると思うんですけれども、めっちゃ足が長い!

 

 

これがどれくらい長いの?て感じだと思いますが、身長167cmの僕の股下は70cmちょいです。どうでもいいですが座高は93cmあります。

 

 

すごいでしょ!?

 

ちなみに濱田真由選手の股下は87cmこれは身長182cmくらいの男子の足の長さに匹敵する長さなんですね。

 

めっちゃ長いでしょ?

 

ちなみにモデルの菜々緒さんの股下が84cmで身長は172cm!

24270

てことはモデル級にというかモデル以上に足が長い!?てことになる。

 

 

そんな足長から繰り出される蹴り食らったらたまりませんわな!

 

両親など家族は?

濱田真由選手は3人兄弟唯一の女の子。

 

両親からは性別を意識せずに育てられてみたいで、テコンドーも男子相手に戦ってきたようです。それもあって今の実力があるのかもしれないですね。

 

スポーツて遠征費なども結構かかるじゃないですか?テコンドーの留学に300万かかるみたいでそれはできなかったんですが、選考会などで数十万かかるお金を出したりしていたようです。

 

いやいや、家族の支えがあってここまでこれたと思うのでぜひここは金メダルをとってほしい!


スポンサーリンク


One Response to “濱田真由(テコンドー)の父親と兄弟を調査!股下からの蹴りがすごい!”

コメントを残す

サブコンテンツ

ポケモンGOまとめ

このページの先頭へ