杉原愛子(ひねり王女)の体操コーチが父で母も!?腹筋画像も衝撃!

杉原愛子今の日本代表の選手で注目している選手がいるんですけれども。というか体操選手は基本的にすべて注目しているんですけれども。

 

特に個人的にはフェアリージャパンの畠山愛理選手に釘づけなんですけれども、めっちゃかわいいですね。

 

まぁ畠山選手はもう大人の魅力十分なんですが、今回注目しているのは杉原愛子選手っていう名前はいかにも普通なんですけれども、これがまた可愛い!

 

しかもまだ女子高生ってことでいろいろな意味で伸びしろがあるようなんですね。

 

こりゃーいろいろ調べなくては!

スポンサーリンク

杉原愛子のプロフィールをチェック!家系がすごい!

20150816-0930-0714747

生年月日:1999年9月19日

出身:大阪府東大阪市

身長:149.5cm

体重:36kg

所属;梅花高校(朝日生命)

 

JKでリオ五輪選手!?思わずすごいって思っちゃいますよね。しかも関西出身ということで大阪弁をしゃべるんでしょうね。

 

体操には有利な低身長てしかも体重が軽い!36kgって消滅してしまいそうな軽っすわ!

 

高級な羽毛か!?

 

そんなふわっふわな彼女なんですが家系もすごい!

 

姉も母も父も体操経験者ってことで体操家系なんですね。

 

体操を始めたきっかけは?

まぁ体操一家なので体操をするのも必然といえば必然なんですけれども、きっかけは体操経験者の両親に連れられて姉の好栄さんとともに体操教室に通い始めたんです。

 

小学校の頃に羽衣体操クラブに入団して本格的に体操を始めたそうです。

 

その頃の練習は週に6回。めっちゃストイックに練習していたんですね。というのも羽衣体操クラブはオリンピック選手を輩出するようなクラブらしいんですわ!

 

羽衣学園中学校入学後は全国レベルの選手になり、
  • 2013年イタリア国際ジュニア団体2位、個人13位
  • 2014年アジアジュニア選手権団体1位、個人2位
  • 2015年アジア選手権団体1位、個人1位、段違い平行棒2位。ゆか2位
  • 2015年世界選手権団体5位
高校まででささっとこんな成績をおさめていますよ!

スポンサーリンク


杉原愛子はひねり王女?ひねり姫?

ひねりと言えば男子では白井健三選手なんですが、女子ではなんとこの杉原愛子選手がひねりが得意とされているんですね。

shirai-kenzo

正直素人から見たら、何回ひねっているのかスローモーションで見てみないとわからないところ。

 

何回転かですらみえないですもんね。

 

話はそれますが、白井健三の彼女って同じ日本代表体操の村上茉愛選手なんですって!

 

これは驚き!

 

関連記事;村上茉愛と白井健三の交際期間が衝撃!

 

そんなひねり王女とも呼ばれる杉原愛子選手なんですが、どうやらひねり王子と呼ばれる白井選手の動画を何回も何回も見たらしい!

 

昔だったらVHSが擦り切れるくらいという表現が正しいんでしょうか。時代の流れは怖いですね。僕もVHSが擦り切れるまでみましたよ!

 

そんなひねりで鍛え上げられた腹筋がすごいと巷では話題になっていますが、

杉原愛子 筋肉

まずは力こぶ!

 

やはり体操をしているってことで余分な脂肪も余分な筋肉もついていないんでしょうね。

 

めっちゃ力こぶ!

 

めっちゃ力こぶ!

e5e15e33-s

腹筋もヤバい!

 

めっちゃ腹筋!

 

そう

 

めっちゃ腹筋なんですわ!

 

これで女子高生っていうんだから驚きです!

 

なんとコーチが父!

やはり杉原選手を育てているコーチって気になるんですけれども実は父親の杉原勝氏と塚原千恵子氏がコーチ!

 

え、塚原!?

 

なんか聞いたことあるんだけれど。

 

なんと塚原千恵子コーチは元オリンピックの女子体操選手なんですわ!夫はあの塚原光男。息子はアテネ金の塚原直也氏ってすごい!

 

杉原愛子選手はどうやら塚原光男氏の目にとまるほどの才能らしく、まだまだ伸びしろがあっておもしろい選手だと言われているんですね。

 

その伸びしろは『ムーンサルト』らしいんです。

 

股関節が固いことと『あふり』がきちんとできていないということでまだムーンサルトが完璧じゃないといわれているんですね。

 

強化合宿では塚原直也コーチに指導してもらい完璧に近づくための練習を行ったようですね。

 

さらになんと世界初の新技を炸裂させたって?

 

杉原愛子のI字2回ターンがすごい!どんな技?

東京五輪の期待の星の杉原愛子さんがなんと新技を炸裂させました。

 

 

新技と言えば白井健三の自分の名前が付く技なんですが、女子で言うと22年ぶり。

 

 

この技は平均台のE難度とされていて、『足を持ちながら平均台の上で2回ターンをする』っていう技なんです。

2016y12m12d_143814993

その時の画像がコチラ!

 

 

いやいやまだ16歳とかですもん。本当に伸びしろがありまくり!

 

リオ五輪では順位は4位でしたけれども、数年先の東京五輪ではメダルの期待が十分持てるんじゃないでしょか?

 

東京五輪に期待しちゃいますよね。

 

関連記事:新体操の畠山愛理が可愛い過ぎる!


スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

ポケモンGOまとめ

このページの先頭へ