平口結貴の賞金や年収はいくら?年齢や出身高校や親も気になる!

平口結貴

なんと18歳で現役最年少プロのビリヤード選手が誕生したということでニュースになっていますね。

僕自身は趣味でしかビリヤードをやらないんですけれど、遊びでやるにしても難しくてとっつきにくい競技!

そんなビリヤードに小さい頃から取り組みプロになっちゃうなんてすごいですよね?

しかも、僕の住んでいるところと同じ北海道出身ということで妙な親近感があります。

一体どんな女の子なのか気になっったのでいろいろ調べてみました!

スポンサーリンク

平口結貴さんのプロフィールをチェック!

平口結貴

18歳でプロになったという凄腕のビリヤード選手。プロフィールなどを見ていきましょう!

生年月日:1997年

出身:北海道苫小牧生まれ

出身高校:北海道栄高校

好きなスポーツ:ビリヤード、バドミントン

所属:ビバプール

 

平口結貴さんがプロとして活動していくのは2016年7月からそうなんですが、アマチュア時代はにも最高峰のタイトル『女流球聖』を獲得しています。

 

上の写真を見てもらえればわかると思いますが、キューを握っている姿は標的を射貫こうとする狩人のよう!ちなみに僕は狩人の姿をみたことはありません!

 

性格はかなり頑張り屋らしく『気合と根性は誰にもまけないつもり』と語ったこともあるよう。

 

ビリヤードを始めたきっかけは?

6歳の頃に、母親の知人が働いていた苫小牧市のビリヤード場で球をついたのがビリヤードを始めたきっかけだそうです。

 

高校はビリヤード部があるということで北海道栄高校を選んだようなんですね。

ビリヤード部がある高校ってかなり珍しいです。

 

北海道栄高校は進学校で結構頭のよい高校なんですね。道外の有名しりつ大学などもに進学実績がありますね。

 

白老の方にあるので札幌からはちょっと遠く平口結貴さんが出身の苫小牧からなら比較的近くにあります。

 

苫小牧だと札幌に通う方が大変かもしれません。

 

北海道てかなり土地が広いので、希望の高校があったとしても通える高校がほとんどなかったりするので、寮などに住んだりするひともいます。

北海道栄は進学校なので、まわりの進路は大学が多いと思います。

周りが大学に進学する中、絶対にプロになれる保証なんてありはりないので不安だったんじゃないかと思います。

スポンサーリンク


ビリヤード生活ってどんな感じ?賞金は?

現在では札幌のプロ選手の鳴海大蔵さんが経営する『ビバプール』で働きながら練習を重ねているようです。

母親の支えなども大いにあったと思いますよ。

 

どうやってビリヤードのプロになるの?って気になる人も多いかもしれません。

なんとビリヤードには実技はもちろんのこと筆記試験もあるんです。実力は折り紙付きなので実技は免除されています。

 

ビリヤードて正直日本じゃ遊びでやる人はいても、競技として本気で取り組む人はまだまだ少ないように思えます。

 

気になる賞金なんですけれど、世界のトッププロと言われる人でも年間1600万くらい。国内だと600万程度と食べていけるのはほんの一握りという厳しい世界。

2963d7d9c8fd086be0e63ab876868ca1

他の競技と比べてもかなり少ないですね。1600万あっても海外遠征などしたらすぐになくなってしまいます。

 

ちなみにビリヤードのアマチュアには賞金はでないの獲得賞金はないんですよね。

 

厳しい世界とは思いますが信念を貫いて世界のトップを目指してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です